成分を100倍届ける「イオン導入」

成分をより奥深くまで送り届ける方法として、現在注目されているのがイオン導入です。雑誌やTVで取り上げられる機会も増えたので、ご存知の方も多いでしょう。

イオン導入はもともと医療の分野で、薬剤を浸透させるときに使われていました。飲んだり注射で投与するのがむずかしい薬剤を、肌に浸透させるのに優れた方法なのです。

どのような仕組みかというと、水溶性の薬剤をイオン化し、電流の力で浸透させるのです。こういうとなんだか難しく聞こえるかもしれませんが、要は磁石の力を応用した方法です。

みなさん、磁石を思い浮かべてみてください。プラスとマイナスの異なる極同士は引き合い、同じ極同士は反発しますね。ビタミンCはマイナスの電荷を帯びています。このように電荷を帯びることを「イオン化」と言います。水溶性のものであるならば、電荷を帯びていなくても、電流を流すことでイオン化することが可能です。

まず肌の上にマイナスの電荷を帯びイオン化したビタミンCの溶液を塗布します。その上に電極を当て、体の一部をプラスの電極に触れさせます。そして肌の上に置いた電極にマイナスの微弱電流を流します。さてどうなるでしょうか。

ビタミンCのマイナスと電極のマイナスが反発しあい、ビタミンCは電流とともにバリア機能を突き抜けて、肌の奥まで浸透していくのです。これがイオン導入のシステムです。

「与えるケア」の前にすべきこと

クレンジングや洗顔料なのに、「美容液レベルの保湿成分」などを売りにしているものが多いですよね。すぐに洗い流すものにも、たっぷり美容成分が入っているのは、ちょっともったいないのではと思います。

また、化粧品を見ていても「与えるケア」がとにかく多い。化粧水で潤いを、美容液で栄養を、そして乳液やクリームで油分を、とみなさんたっぷり重ねているよう。

確かに肌表面はもっちり膨らみますが、あなたの肌はそこまでの成分を必要としているのでしょうか。むしろ休息が必要だったり、「捨てる」ケアが必要ではないでしょうか。

たくさんの美容液成分も、あなたの肌は持て余してはいないでしょうか。いつも思うのですが、「与えるケア」にばかり熱心になるのは、勉強にたとえれば、「参考書をたくさん買い与える」のに似ています。

どんなにいい参考書でも、それを読んで理解できる頭でなければ無用の長物ですよね。肌でも同様です。今の肌に満足している方は、現在のお手入れが肌に合っているのですから、、それを続けていけばよいと思います。

けれど、今のスキンケアに満足がいかなかったり、何らかのトラブルがあるという方は、「化粧品の成分をうまく生かせない肌」にこそ問題の本質があるはず……。

雑誌でいいとすすめられていたとか、友人の肌がキレイになったといういような情報は、あなたの肌にとって役に立つとは限りません。

「もっと良い化粧品がないかしら」と探す前に、自分の肌をしっかりと見つめること。そこからしか、キレイな肌を育てることはできないのですから。

ヴァントルテのミネラルリキッドファンデーションも、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ・ビタミンCといった美容成分がたっぷり含まれ、しかも、カバー力もあり、一日中美肌が続きます。

 

健康な人にビタミン剤や機能食品は必要ない

「何を食べたら肌がキレイになりますか?」こういう質問には正直言ってうんざりさせられます。どくだみ茶は肌にいいか、ヨーグルトより牛乳のほうがいいか、ビタミン剤は飲んだほうがいいか……。

とかくご婦人は「食べ物でみるみる〇〇になる」式の話題がお好きなようですが、これを食べれば健康になる、肌がキレイになる、などという食べ物は、世の中どこを探してもありません。

機能食品やビタミン剤は、食事から摂るより効果的に栄養を補給できると、思い込んでいる人が多いのですが、あれこれ加工したり、エキスを抽出した錠剤などより、魚や野菜など自然の素材をまるごと食べる方が栄養的にずっと優れているのです。

栄養補助の錠剤はビタミン欠乏症や貧血などの場合にしかたなく飲むもので、薬に頼るより、バランスのとれた豊かな食生活を心がけるべきです。

やたらに化学物質を体内に取り込むと、どんなトラブルが起こるものか、医者にも予想がつきません。機能食品に含まれる化学物質に過敏な反応を起こして、病気になる例もまれにあります。偏食、小食の人は亜鉛や鉄分と言った、微量ミネラルが不足しがちにもなります。

また、油に溶けるビタミン(A、D、E、K)を長期にわたって過剰摂取すると、肝臓肥大や脱毛、骨折しやすくなる、腎機能不全などの副作用も出てきます。そんな危険を犯すのは、つまらないことだと思います。

重要なのは、あなたの両親や祖父母がどんな食生活をして何歳まで健康だったか、どんな病気で亡くなったのか。母親の皮膚は今どんな状態で、紫外線のダメージをどれぐらい受けているか。たとえば、おしりなど日に当たらない部分まで老化が目立つのは食生活に問題があった証拠です。

肌の美しさは遺伝、環境、食生活に大きく影響されるので、センセーショナルなタイトルで本を売ろうとする健康雑誌を読むより、こちらのほうがずっと信頼できる情報です。

ニキビは年齢を問わず女性の美肌願望を阻害する

エステに通うと、やっぱり肌がキレイになるみたいですね。私の友人にも何人かエステに通っている女性がいるのですが、やっぱり通い続けると肌に透明感が出て、エステで贅沢なトリートメントを受けた人特有のツヤというか、プリプリした肌をしています。

エステサロンで、ニキビ改善をした人のブログを読んだときに、エステというのは、ダイエットのイメージがあったのですが、肌トラブルにもこんなに高い効果があるんだと知って、ビックリしました。

赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビとか大人ニキビ、ニキビ跡など、ニキビはとても複雑で、年齢を問わず女性の美肌願望を阻害するものですが、エステでもニキビが治せるんですね。エステサロンでニキビ改善をして効果があったのは、きっとお手入れだけでなくカウンセリングも丁寧だからでしょう。

エステサロンのフェイシャルは、良い評判をよく聞くので前から気になっていましたが、1回の体験でも肌が変わるという声も多いですね。ニキビ改善や、シミ、目の周りのシワ、法令線などの悩みが解消した人の口コミも見たことがあります。

短期間で肌をきれいにするためには、セルフケアでは限界があるのかもしれませんね。自宅でできるケアとは比べものにならないくらいすごいマシンと、プロの技術で肌のお手入れするのは、やっぱり憧れてしまいますね。

エステでニキビ改善した人も大勢います

肌の老化は30代後半から、急に気になり始めますよね。私は昔からあまりニキビはできないほうだったのですが、出産後に肌質が変わってしまったようで、生理前になると、必ず毎月同じところにニキビができてしまいます。

肌トラブルが特にない頃、リフレッシュのためにエステのフェイシャルに通っていましたが、今こそ本当にエステが必要かなと思っています。

昔は、肌トラブルをエステで治すのは無理だと思っていましたが、最近のエステのフェイシャル技術はすごく進歩していて、実際にエステでニキビ改善した人も大勢いますよね。ネットで体験談を見ても、エステサロンのフェイシャルで、ニキビが改善できたという話をよく見かけます。

大人ニキビは、ターンオーバーの乱れのせいで本当に治りにくく、つぶしたらシミになってしまったりして、早く治したいのに逆効果になることが多いので悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

糖分を控えたり、ストレスをためないように気をつけるだけでなく、しっかり外側からケアしないといけないですよね。エステの光フェイシャルで、ニキビがキレイに治った人の写真を見たのですが、1年くらい集中して通えば、ニキビやニキビ跡の色素沈着もキレイに治って、ツヤツヤの白肌になれそうな感じです。

ビールを飲むと太るという説

暑くなると冷たい飲み物や食べ物が欲しくなります。
ビールもおいしいですね。
暑い季節はビアガーデンや開放的な飲み会などでビールを飲む機会も増えますし、毎日お風呂上りや晩酌にビールを一杯!という人も多いでしょう。
ビール腹になるから気をつけなきゃ、という声も聞こえてくるように、ビールは太るというイメージがあります。
ビールを飲むと太るという説は、本当なのでしょうか。
ビールにはカロリーがありますが、その3分の2程度がアルコールのカロリーであると言われています。
アルコールは、エネルギー源にはなっても、グリコーゲン、脂肪、脂質として体内に蓄えられることはなく代謝されてしまうので、ビールだけを飲んで太っていくという可能性は低いと思って良いでしょう。
では、どうしてビールには太るというイメージがあるのでしょう。
それは、ビールの食欲増進効果が原因かもしれません。
さらに、ビールには塩気のあるものや油ものがよく合います。
居酒屋で注文したおつまみを見てみると、フライドポテトや軟骨のから揚げなど、脂と塩気たっぷりのものが並んでしまったということは多いですおね。
つい食べ過ぎてしまうことが多いので、ダイエット中の人はおつまみに気を付けましょう。
せっかくエステの痩身に通っていても、1回の飲み会でダイエットが台無しになってしまってはもったいないですよ。