大人のニキビを治すには、まず、生活改善!

「大人のニキビ」と呼ばれるものが増えています。このニキビは、あごのあたりにできて治りにくく、後に色素沈着を残す傾向があります。これはホルモンバランスの乱れなどが関与してできることが多いものです。

つまり、カラダのなかに原因があるのです。ニキビ対策として、まず目を向けてほしいのは、睡眠不足や食事のかたよりなどで生活が不健康になっていないかということです。

何よりも避けたいことは、寝不足と寝だめを繰り返す習慣です。ホルモンバランスには体内時計が大きく関係しているので、それを狂わせないことが大切です。毎日決まった時間に、それもできれば0時30分くらいまでには寝る習慣をつけてほしいものです。

食事の面では甘いものや刺激物を控え、緑黄色野菜をたっぷり摂りましょう。外食ではどうしてもバランスがとりにくいので、極力自宅で和食中心の食事を心がけてください。

ニキビをつくらないためには、不規則な生活からくる睡眠不足や食生活の乱れを見直すことが何よりの解決策です。それでも治らないときは、皮膚科を受診してください。飲み薬を使わないと治らないこともあります。

ビーグレンは、洗顔で毛穴の汚れ、古い角質をやさしく除去した後、ローションできめ細やかな肌へと整え、さらにビタミンC配合美容液が角層の奥までしっかり浸透させます。ニキビを防ぐのはもちろん、角層の奥の保湿コンディションを整え、ニキビのできにくい肌づくりをサポートします。

認知症になってから、親の借金がわかったら…

親の借金に関する問題の一つに、高齢化が影を投げているケースも増えています。高齢化社会の大きな問題に、認知症があります。親が認知症になったあと、貸金業者などから借金のあることがわかったようなケースも出始めています。しばらく前から、高齢者を狙ったいろいろな金銭トラブル、犯罪が頻発しています。

リフォーム詐欺、社会保険庁の名をかたる年金詐欺、国税庁の名を使った税金還付金詐欺など、日本の良識はどこにいったのかと残念な思いがしてなりません。

業者から借金のあった親が認知症になった場合でも、悪質な業者はそこにつけ込み、何をするかわかりません。たとえば、財産を勝手に持ち出したり、うまくいいくるめて預金を勝手に引き出したりする可能性があります。

これらはすべて違法で、訴えればそれなりの処分があります。しかし、親のそばに子どもがいないような場合、親がどんな目にあっているか知りようがありません。

こうしたケースでは「成年後見制度」の利用をおすすめします。この制度は、認知症や知的障害などによって判断能力が不十分な人のために、成年後見人(代理人)がその判断能力を補うものです。

「成年後見制度」とは、“本人・配偶者など4親等以内の親族からの申し立てで、家庭裁判所が成年後見人を決め、財産などの管理権を与える制度”です。

親が認知症になった場合、その子どもが成年後見人に認められれば、親に変わって債務整理を行なうことができます。ただ、取引履歴の問題などで、自分で親の借金を整理することはなかなか難しいと思います。そうしたケースでは、司法書士の活用も考えてください。

婚活サイトの実態について

婚活サイトの実態を見ると、サイトによってかなりバラツキがあるようです。婚活サイトの多くは、真面目な男女の会員で構成されていますが、婚活サイトの中には、出会い系サイトと同じようなところもあります。

そうしたサイトでは、メールや電話の段階から、男性から露骨に体の関係を迫ってきたりします。女性のほとんどは、精神的なつながりや信頼関係を最初に築かないと、深い関係にはなれません。

時間をかけて、互いの距離を縮めながら、本当に大事にしてくれるような思いやりのある男性を見つけるには、評判が良くて実績のある婚活サイトを利用する必要があります。ネットの婚活サイトでの成功例ももちろんありますが、利用する場合は、婚活サイトの実態調査をよくする必要があります。

素性のよくわからない男性といきなり会って突然仲良くなっておつきあいするというのは、無理があります。お見合い、合コン、婚活パーティ、結婚相談所など、自分の性格、特徴に合ったものを選択する必要があります。おすすめなのは、登録の際、各種証明書の提出が必要な、本人確認をしっかり行う婚活サイトです。

給与所得者等再生でも、返済額は自己破産と比較される

「給与所得者等再生でも、再生計画案による返済額は、破産で支払われる額以上を支払わなければならない」

もうおわかりと思いますが、小規模再生と同じように、こちらの個人再生でも「清算価値保障の原則に反してはならない」とされているわけです。

たとえば、Kさんは、5社から借り、引き直した賞金総額が450万円あったとします。この場合、最低弁済基準額は100万円です。Kさんの2年分の可処分所得を計算すると、150万円ありました。

2年分の可処分所得のほうが、最低弁済基準額より多くなっています。この場合、Kさんが返済しなければならない総額は150万円になります。

特別な資産がなければこれでOKなのですが、資産があると話が違ってきます。かりに、Kさんに200万円の資産があったとします。

自己破産すると、この200万円の資産は現金化され、業者に分配されます。比較してみると高なります。

①給与所得者等個人再生の最低弁済基準額…100万円

②2年間の可処分所得……150万円

③自己破産した場合、業者に支払われる額……200万円 

清算価値保障の原則がなければ、返済額は、最低弁済額より多い2年間の可処分所得の150万円になります。しかし、自己破産した場合、Kさんの200万円の資産は処分され、5社への配分に回されます。

このため、給与所得者等再生でも、Kさんが最終的に返済しなければならない総額は最も額の多い200万円になるのです。

特定調停の概略を知っておこう

①特定調停の申し立てについて 

支払い不能に陥るおそれのある者(個人、個人事業主、法人)は、特定調停を申し立てることができます。基本的には、借金を負っている「本人」が申し立てをしなくてはなりません。

②当事者双方の責務について 

特定調停を申し立てた債務者側だけでなく、申し立てられた相手方(債権者側)にも、調停委員会に対して、借金ができた原因、内容、担保権の内容等に関する事実を明らかにすることが義務づけられています。

③資料等の収集のための調停委員会の権限 

特定調停の調停委員は、当事者または参加人に対して、特定調停事件に関係のある文書(契約書の写し、取引履歴、計算書など)を出してもらうことが可能です。

④文章などの不提出に対する制裁 

取引履歴や計算書などを提出しない、非協力的な金融会社については、調停委員会にお願いすることで「文書提出命令」を出してもらうことが可能です。

金融会社などが、正当な理由なくこれに応じない場合、裁判所は10万円以下の過料の制裁を科することができます。

⑤民事執行手続きの停止

裁判所が特定調停による解決が相当と認められる場合で、判決書や和解調書・調停調書等に基づき円滑な進行を妨げるおそれがある場合には、調停手続きが終了するまでの間、民事執行手続きを停止することができます。その場合は、その理由を疎明しなければならないことになっています。 

紫外線ダメージから肌を守るUVケア

UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略で、「紫外線」のこと。なんとなく「紫外線は美肌の大敵」と分かっていながら、うっかり日焼けをしてしまったり、UVケアが毎日できていなかったりする人も少なくありません。それは、紫外線の怖さをまだまだわかっていないからではないでしょうか。紫外線の怖さは、ズバリ、肌の老化を早めること。

紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素をつくり出しますが、それがうまく排泄されないと、シミの原因になります。また紫外線は真皮にまで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけることも。それがシワやたるみの原因です。つまり、肌の老化を確実に進行させるのが紫外線なのです。

対策をしているか、していないかで5年後、10年後の肌は大きく変わってきます。紫外線は暑さやまぶしさがないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのか、実感できません。そこが紫外線の落とし穴。

まだ大丈夫だと油断していると、ダメージは日々蓄積され、ある日突然、肌老化として急に現れるのです。紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があり、どちらも肌老化の原因になるので、両方を防ぐことが肝心です。

日焼け止め化粧品の表示には、紫外線B波のカット効果を示す「SPF」、紫外線A波のカット効果を示す「PA」があるので、両方を必ずチェックしましょう。

アウトドアシーンなどで使うなら、SPF値やPA値の高い物がおすすめですが、数値が高いものやウォータープルーフのものは、肌への負担が大きくなるので注意が必要です。

優良案件をお探しの方にお勧め!

保育情報どっとこむは、人材派遣・人材紹介のアスカグループが運営する求人サービスです。大手グループが運営するだけあって、求人案件数は業界最大規模!! 会員登録することで、公開すると応募が殺到する人気の案件も見ることができるので、優良案件をお探しの方にお勧めです。

保育情報どっとこむでは、求人以外にも保育士さん向けの役に立つ動画を配信しています。その他にも保育士用語集や保育に関連するニュース、素材集、インタビューなど、全てのサービスを無料で利用することが出来るので、就職後でも利用できるのが嬉しいですよね。

また、保育情報どっとこむでは、保育士 求人案件の園の様子をしっかりと把握できるように園の様子を動画で伝えてくれます。静止画ではなく動画を見ることで、静止画や文面だけでは分からない園の雰囲気も掴むことが出来るのが特徴です。

その他にも、専任のコーディネーターが完全サポートしてくれたり、定期的にインタビューなどを行う担当者が生の声を伝えてくれたり、様々なサービスが用意されています。

賢く上手に就職活動を切り抜けるコツがたくさん詰まったサービスなので、就職活動にいきづまっている方や、転職を希望されている方など、就職を希望されている方は是非利用してみてください。

お勧めの雇用形態は「紹介予定派遣」

保育士の求人をお探しの方は、テンダーラビングケアサービスをご利用ください!

テンダーラビングケアサービスでは、年間1000人以上の方が就職されています。求人案件も首都圏を中心に多数取り揃えられているので、あなたの希望にあった就職先がきっと見つかるはずです。

テンダーラビングケアサービスには様々な雇用形態の求人があるんですが、中でもお勧めの雇用形態は「紹介予定派遣」です。紹介予定派遣とは、正社員採用を前提として企業にて一定期間派遣社員として働いた後、あなたと派遣先の合意により、派遣先企業にて直接雇用されるというシステムです。

派遣期間中に仕事の内容や職場の雰囲気が分かるので、仕事内容や職場環境が自分に合っているかどうかを働きながら検討することが出来ます。

「派遣」と聞くと、「いつクビを切られるか分からない」などの理由から嫌がる方も多いですが、「条件は良いんだけど、ライフスタイルに合わない」「良い職員ばかりなんだけど、自分とは合わないから仕事がやりにくい……」

「良さそう! と思って働いてみたけど、思っていた印象と違った」など、実際に働いてみないと分からない事もあるので、紹介予定派遣はとても良い選択だと思います。

紹介予定派遣以外にも多数の求人が用意されていますし、様々な種類の施設も用意されています。あなたの希望・条件・ライフスタイルにピッタリの案件に出会える場所なので、求人をお探しの方は是非テンダーラビングケアサービスをご利用ください。

解決事例…任意整理にしてお金がもどった!

ここで、自己破産せずによかったケースを紹介しましょう。その方を仮にAさん(64歳)としますが、相談に見えたときは憔悴しきっていました。

「サラ金6社に借金があって、もう生活が成り立ちません。返せるような借金でなくなって、私は自己破産しかないと思っているんですが……」こういうAさんの借金総額は、約347万円でした。

契約書などの資料が少なかったのですが、記憶が比較的性格で、ご自分でつくられたメモは役に立ちました。「引き直し計算をすると、お金はかえってくる可能性が大きいですね。自己破産ではなく、任意整理のほうがいいと思います」という意見に、Aさんも同意されました。

その結果、6社中4社は任意整理で和解が成立、残る2社は訴訟になりました。しかし、提訴後に和解の申し入れがあり、無事に和解が成立しました。相談前の業者の主張する債権額、月々の支払い額、解決金額は、6社からかなりのお金がもどります。

解決金額とは、利息制限法に基づいて行った引き直し計算の結果、支払い過ぎていたことがわかったお金です。その額は、なんと257万円! 任意整理の結果、Aさんにはこの257万円が戻ったのです。

347万円の借金がすべてなくなり、上下の差額は600万円にもなったのです。もしAさんがどうしても自己破産を言い張り、そのまま自己破産の手続きに入っていたらどうだったでしょう。自己破産で免責が認められると借金はゼロになりますが、257万円が戻ってくることはありません。生活の新たなスタートに、この金額は大きいはずです。

「根保証」という商工ローンの手口

こうした多重債務問題を改善するために、その後も法改正が行われました。ポイントとなったのは、1999年12月に成立し、2000年6月に施行された、通称「商工ローン規制法」です。

商工ローン業者とは、銀行による貸し渋りや貸しはがしによって融資を受けられなくなった中小零細事業者に対して、サラ金並みの高利で貸し付ける業者のことです。

当時の最大手の商工ローン業者が、日栄と商工ファンドでした。商工ローンは、中小零細事業者のなかでも、とくに経営状態が悪いところに貸し込むので、借り手はすぐに倒産してしまいます。

その際、元本等を回収するために、融資を直接受ける中小零細企業の経営者だけでなく、それ以外の保証人をとって融資をするのです。多い場合は、10人以上の保証人をとっていたケースもあります。

保証人になる人は、公務員やサラリーマンなど、ある程度堅い仕事の人なのですが、1回きりの貸し借りの保障ではなく、それが「根保証」になっていることが問題なのです。通常は、100万円を借り入れる場合の連帯保証なら、保証人は100万円の範囲でしか責任を負いません。

しかし、たとえば「5年間で極度額1000万円」という根保証形態をとっていた場合、当初の借入額は100万円だったのに、借り手が追加の借り入れを繰り返し、結局、1000万円を超える負債を抱えて倒産したら、保証人は1000万円の補償責任を負わなくてはなりません。

契約の際に、根保証についてきちんとした説明がなかったので、困惑するのは当然です。しかし「払えません」と答えると、そこから脅迫的な取り立てが始まるのです。